男性

大きなメリットが多い事業譲渡を戦略的に使いこなそう

コンサルはかなり便利

笑顔の人達

インドネシアで商売をしたいときはコンサルティング会社を利用するといいでしょう。これはトータルサポートをしてくれるので他国でも安心して仕事ができます。またビザの取得やワークパーミットの取得、さらに会計作業もしています。

もっと見る

日本の国民食

拉麺

自分でラーメン屋を開きたいなら独立支援や経営支援を受けたほうがいいが、その前に既存のラーメン屋で修行すべきであり雇用形態に注意したほうがいい。ラーメン屋の求人の特徴としては、接客も調理も両方行なうスタッフの募集案件が多くなっている。

もっと見る

撤退するなら譲渡も考慮

男女

現金化できるメリット

会社の事業は時代に合わせて変化します。必ずしも今行っている事業を継続することがマストではないのです。新規事業に参入することもあれば、事業から撤退することもあります。事業を撤退する場合、そのまま廃止にすることもできますが、規模が大きい場合などは事業譲渡という手段もあります。事業譲渡のメリットは現金を得ることができることです。もちろん買い手が存在することが条件となりますが、現金化することができるのが一番大きいメリットとなります。そして全部だけでなく事業の一部を事業譲渡することも可能になります。譲渡とともに従業員を渡すことも可能になります。事業廃止による人件費問題の解決もできるのが大きいメリットとなっています。

買い手側のメリット

事業譲渡における買い手のメリットもあります。取得したい資産や従業員を一から始めるには莫大なコストを必要とします。しかし事業譲渡により安く手に入れることができるのです。リスク管理などを譲渡前に行っていたため、あらためてリスク管理などを作り直す必要がないなど、事業をすぐに始めることができるのもメリットになっています。しかし従業員については人になりますので、すべての従業員との合意契約を行う必要があります。もちろんこれを強制することはできませんので、断られるケースもあります。報酬などの条件を変更することでコスト増になる可能性もあります。また許認可は引き継ぐことはできませんので改めて申請を行う必要もデメリットとなっています。

面倒な手続きを任せる

男女

東京では個人事業主が会社設立をするケースが増えています。だから、会社設立の代行サービスが、東京で急成長を遂げているのです。業者に会社設立を依頼すると、煩雑な作業から逃れられるので、時間節約の効果があります。

もっと見る